ドライウッド土佐会日誌

リラックスできる空間はやっぱり木がいい?

新着アーカイブ
大阪から設計士さん来高
(2018/1/31 13:10)
南国土佐に積雪
(2018/1/23 11:52)
天然ヤナセ杉・続々
(2017/12/14 16:02)
台湾からお客さん
(2017/11/27 13:30)
天然ヤナセ杉が・・・・
(2017/11/27 12:45)
天然ヤナセ杉が・・・・
(2017/11/14 13:49)
淡路島からドライへ
(2017/11/13 15:56)

新着コメント
新着コメントはありません

新着トラックバック
新着トラックバックはありません

天然ヤナセ杉が・・・・

何十年ぶりに国有林材・天然ヤナセ杉が原木市場に並びました。見事です。
今回の出材で見納めになるのでは、寂しい限りで。

天然ヤナセ杉約110本・ズラリ見事です。

この材色、良いね。

またまた、良いね

この一列だけではないですよ。ドッサリあるでよ。

淡路島からドライへ

11月8日から2日間、総合建築植田(植田俊司:社長さん)一行14名さんがドライを訪ねて来ていただきました。植田さんとは長いお付き合いをしていただいていますが、初めての土佐訪問です。
初日は、土佐の自然素材で123年の老舗企業の田中石灰さんを訪問、長い歴史の中で培われてきた「土佐漆喰」の伝統工法等をジックリ拝見。その後、香美市への伐採現場へ移動、香美森林組合さんにお世話になり伐採の実演を見学、伐採を見るのは初めてのようで「ドサー」と倒れた大きな音に感激し、1日目が終了。
2日目は、朝早くから製材工場見学、当地域は昔から優良なヒノキの産地として有名な地域で、現在は四万十ヒノキとして銘柄化しようと1市2町1村で熱心に取り組んでいる中にある製材工場。
当工場は高知県で初めて減圧乾燥機を導入した工場で、製品は割れも少なく材色も少なく非常に好評を得ており、強度、含水率等も印字できるところも見学していただき好評の内に見学会は終了しました。

土佐漆喰釜、土中釜で焼成中の状況。

焼成終了後の生灰石を水を添加しペースト状にする

香美森林組合のお世話で伐採現場へ

伐採実演、

伐採株を熱心に。木の良い香りがするようです。

関西木材の製材工場を見学。会長から詳しい説明。

工場内を、製品の見学

工場内で記念撮影。お疲れ様でした。


コリョー良い めったにお目にカカラン天桧でよ

久しぶりに「これは良いねー」と納得いく天然ヒノキが市場(県林材)に出てきた。
私の推計では、樹齢150年以上(間違っていれば、許してね。)、材色スコブル良し、材長は直。(中には空洞材もあり)
しかし、これを逃せば一時は見れない代物と見た。
早よう見に行かんと見れんなるぜよ。
天桧の話に偏りましたが、「ドッコイ」天然ヤナセ杉も展示しているでよ。樹齢200年超(ただし、私の推測)末口で4mで100cm、玉数も出ているので天桧と一緒に御覧あれ。

天桧10m、末口58cmの極優材

これが、10m材の小口

6m、68cm

4m、72cm

4m、64cm

天桧が11本勢ぞろい
天杉もあるでよ。

4m、100cm




小さなお客さんがドライへ

8月8日から3日間、日頃大変お世話になっている兵庫県の工務店さんが小さなお客さんを紹介してくれました。
お客さんは、今回土佐材を使用して自宅を建設する準備として前もって土佐の木を見てみたいとの希望で、子供さん3名とご両親さんを引率して訪ねてくれました。
お施主さんは、高知に来たのが初めてで、少し興奮気味のようでしたが、まず木材市場で丸太の見学、次いで高知の山仕事、特に、木を切るところを見てみたいとの強い希望と、建築材料となる丸太がどのように作られていくのか、そして丸太から製材して製品になるところを。熱心に見物していただきました。特に、旦那さんは、山の仕事を目のあたりに見て「こんなに苦労して作ってもらった製品で建築できることに安心しました。外材では建てられんナアー。」とのこと嬉しい言葉をいただきました。
特に、ちびっ子が喜んだのが伐採現場、直ぐ近くに谷があり小さな水遊び、次にチエンソーによる伐採風景、見えないところで蔓がらみがあり機械の手助けを受けて、歓声とともに「ドサー」と、次ぎは、ハーベスタによる玉切り風景、子供2名も現場責任者の指導のもと保安帽を着用して運転席へ玉切り実習、大変な喜びようで2名の林業従事者予備軍が誕生した瞬間でした。
次が製材工場、ここはご両親の見学会で製品ができるまでの工程をつぶさに見ていただき
自宅材料が土佐材で立ち上がっていく喜びを噛みしめているようでした。
3日間お疲れでした。優良土佐材をお送りしますので楽しみにしていてください。


原木市場で担当者から土佐材等の説明を聞き勉強。

伐採現場に到着。担当者から森・山の仕事の話などの説明を。

いよいよ、伐採を安全な場所に退避し見学。チエンソーの音が聞こえるかナ。

木が蔓がらみになっており、安全第一で機械の力を借りて倒しました。

いよいよ伐採木を玉切り、先生が手本を見せた後、保安帽を着用して運転席へ
先生の指導を受けて初めての経験。

先生がハーベスタで手本を。

玉切った丸太を運搬。山の仕事見学は終了。チビッコ山師はうれしそうでした。

製材工場見学です。事務所で製品ができるまでの説明を受けました。
これからは大人の見学です。家を建てる部材の完成まで。

工場内を。

見学終了。工場で記念撮影。

夜は、高知の料理で乾杯。

お父さんも楽しそうです。
お疲れ様でした。

新木場から客さん

7月21日香川県の室内楽、吉田建築さんが、東京新木場の物林さんを案内してドライを訪問してくれました。
物林さんは国産材事業、輸入材事業、住環境システム事業、非住宅事業、環境景観事業、東北復興事業等幅広く事業を行っている会社で、今回9月に再度来高の予定。
来高の際は、高知県の林業・林産業等幅広く見学していただくことにしたいと思っている。

ドライの組合員である嶺北協同組合を案内。
双方が概要を説明。

説明後、工場内を案内。

原木と製品良さと、職員のてきぱきとした挨拶と作業に目を見張っていました。

2018. 4
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリー
日記(32)
趣味(0)
仕事(0)

月別アーカイブ
2018年01月(2)
2017年12月(1)
2017年11月(4)
2017年10月(1)
2017年08月(3)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(2)
2017年03月(5)
2017年02月(1)
2017年01月(1)
2016年12月(1)
2016年03月(1)
2015年02月(1)
2014年08月(1)