ドライウッド土佐会日誌

リラックスできる空間はやっぱり木がいい?

新着アーカイブ
大阪に『まるごと高知県産』のモデルハウスが完成!
(2018/9/25 09:00)
四万十ヒノキ、鹿児島へ
(2018/8/2 15:37)
暑中お見舞い申し上げます。
(2018/8/2 14:23)
平成30年7月豪雨について
(2018/7/11 11:00)
『土佐材産地商談会』の様子 その2
(2018/7/2 08:36)
久しぶりの投稿です。
(2018/6/21 14:54)
大阪から設計士さん来高
(2018/1/31 13:10)

新着コメント
新着コメントはありません

新着トラックバック

大阪に『まるごと高知県産』のモデルハウスが完成!

この度完成した大阪の(有)中村工務店様のモデルハウスを見学させて頂きました。『住む方の健康に配慮した無垢の素材』を使用したいという社長(高知県出身)のこだわりで、構造材や羽柄材、造作材はすべて馬路村の木材、内装材も高知県の板材と『土佐漆喰』を使った『まるごと高知県産』のモデルハウスです。

土佐材モデルハウスは『高知家』ののぼりが目印です。

今回は出荷組合員と高知県木材協会、高知県大阪事務所担当者の4人で見学させて頂きました。

見上げれば天井にも高知県産材!

リビングの床は高知県産ヒノキ材です。今では入手困難な『魚梁瀬杉』の一枚板を使用した特注テーブルが!

玄関収納や階段も全て馬路産の木材です。大工さんの本領発揮!

こちらは3階の部屋。建具や押入収納の中も高知県産材ですが、部屋ごとの木材使用バランスを考えて『土佐漆喰』の壁にしてあるとの事でした。

3階の別室には子供さんが喜びそうなロフトがついていました。

この日はまだ暑さの残る9月中旬でしたが中は快適な室温で、『これが無垢の素材効果か?』と感じさせられるモデルハウスでした。

木材使用量が多かったので、特別に馬路村の杉で出来た感謝状を贈呈させて頂きました。

施工開始から完成まで何度もお邪魔しましたが、いつも明るく対応してくれる家庭的な工務店様でした。これからも土佐材を使った『こだわりの健康住宅』を建てて下さい!

四万十ヒノキ、鹿児島へ

今年4月の土佐材産地商談会で来高された鹿児島県の『株式会社感動』様へ『四万十ヒノキ』が出荷されました。当組合から九州への製品出荷は初めてでしたので、今後の打合せを兼ねて鹿児島視察に行ってきました。

 高知を出発して11時間後に見えてきた桜島

まずは事務所で社長を交えた打ち合わせ。今回は当組合理事と土佐漆喰の田中石灰工業(株)の担当者も同席させて頂きました

打合せ後に納材先の建築現場へ移動

上棟を控えた『四万十ヒノキ』の柱

理事は製品の評価が気になっていた様ですが、納得のいく製品だったとの回答に一安心の様子

午後は地元材木店様と土佐材についての意見交換を行いました

九州材の製品倉庫を見学 ここから沖縄へ行く製品もあるとの事

その後、建設中の現場とモデルハウスを見学

タイミング良く構造材が見られる現場でした

最近は木づかいを効果的に見せる部屋が多くなっている様でした

忙しい最中の訪問にもかかわらず、本社や施工現場の社員の皆様、地元材木店様に温かい応対をして頂き、また国産材をはじめとした自然素材への熱い思いを感じる事の出来た、同行者一同が『感動』した鹿児島視察となりました。

暑中お見舞い申し上げます。

暑中お見舞い申し上げます。

今年の7月は全国各地で猛暑が続き、東日本の月平均気温は7月として1946年の統計開始以来第1位となる程の酷暑の中、『関東地区土佐材パートナー会議』に参加する為東京に行ってきました。
当日、少し時間が出来たので建設中の『新国立競技場』を見学してきました。

高知県に縁のある隈研吾氏設計の新国立競技場(建設中)

どこかに高知県産材が使用されているはずですが・・・
もう少し工事が進んだらまた見学に来てみたいと思います。

当分この暑さが続きそうですが、皆さんも夏バテなどなさいませんよう、お元気にお過ごしください。


平成30年7月豪雨について

台風7号や梅雨前線の影響により西日本を中心とした広範囲で記録的な豪雨となり、甚大な被害が発生した『平成30年7月豪雨』

高知県内で累積雨量が1000oを超えた報道が出始めた頃から事務局や組合員へ全国の取引先様よりお気遣い、励ましの電話やメールをたくさん頂きました。この場をお借りして組合員一同、心より感謝申し上げます。

四国地方は梅雨明けしたら急に真夏の暑さになりました。これから詳細な被害状況も報告されてくると思われますが高速道路をはじめ主要道路に被害が出ている様で、組合員からは原木調達に影響が出るとの報告がありましたが、当組合の出荷体制は万全を期して対応させて頂きたいと考えております。

この度の豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げると共に、一日も早い復旧を心よりお祈り致します。

『土佐材産地商談会』の様子 その2

梅雨後半になり、高知も夏のような雨の降り方に変わってきました。これからは台風シーズンに突入しますので、事故・災害に気を付けたいところです。
すこし遅くなりましたが、4月と5月に行った産地商談会の続きを少しだけ紹介致します。

まずは大阪の『設計処草庵』様と施主様ご家族の見学会の様子です。まずは『魚梁瀬杉』で有名な馬路村の製材所の様子を見学しました。

小さな見学者(8歳と5歳)の方を少し心配しましたが、見学日が土曜日だった為機械は稼働しておらず、普段立入り出来ない様な所までしっかり見学してもらいました。

高知市内の原木市場も見学しました。

大型重機に気を付けながらの見学でしたが、ちょっとしたアスレチック場になってたかも?


5月には『あかい工房』様が施主様ご家族と再来高。施主様の希望で使用される梼原町の製材所を見学しました。

参加者みんなで記念撮影の様子

見学途中で出荷予定だった施主様邸の構造材にご家族でサインと似顔絵を書いてみました。

この日の為お兄ちゃんは練習していたとの事でした。


ご家族の似顔絵。完成してしまうと見えなくなる柱ですが、きっと良い思い出になったと思います。

このようにご自宅の木がどのような山で育ち、どのように製品になるかをご家族で見学したいと『土佐材産地商談会』に参加される施主様が増えてきました。当組合はこれからもご家族が『仲良く長く住み続けられる家』になる製品出荷を心がけていきたいと思います。



2018. 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー
日記(38)
仕事(0)

月別アーカイブ
2018年09月(1)
2018年08月(2)
2018年07月(2)
2018年06月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(1)
2017年11月(4)
2017年10月(1)
2017年08月(3)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(2)
2017年03月(5)
2017年02月(1)
2017年01月(1)
2016年12月(1)
2016年03月(1)
2015年02月(1)
2014年08月(1)